Albert バナー

桜が散り始め、本格的に暖かくなってきました。

暖かくなると外でピクニックやBBQなどしたくなりますよね!

ワインあるあるとして、外でワインを飲もうと思ったら「コルクスクリューがない!!」なんていう経験は良くあることです。
また、普段あまりワインを飲みなれない方がいざコルクを抜こうと思ったら
「途中でコルクが切れちゃった!!」「コルクスクリューがうまく刺せない。。」「コルクが固くて全然抜けない!!」なんてことも多いはず。

また、外で飲んでいて残してしまった時、コルクだと持ち帰る間に漏れるのが心配。
こんな声が良くあります。

そこで今回は、お外でも気軽に楽しめて簡単に開けられる「スクリューキャップ」のオーガニックワインのご紹介です!

「コストパフォーマンス最高!ピュアなオーガニックブドウの果実味満点、メゾンアルベールのマ・チニャチュールシリーズ」

フランス屈指のオーガニックワイン産地として知られる「ラングドック地方」の中でも、昔から高品質で評判の地域「コルビエール」で
2013年から始まった「メゾンアルベール」
無題
オーナーのジャン・クロードさんは元々自然や鳥の研究をしており、自然保護に対する意識が高かったのですが、
次第にオーガニックワインへの興味が高まっていきました。
無題1
そんななか2004年、地元で2つの畑を持つこととなり、そこから彼のオーガニックワインへの研究が本格的に始まりました。

彼がこだわっているのは、ブドウ栽培における「無農薬」「人工肥料」による、ブドウの生育の人為的な操作の排除です。

動物を放牧し、環境を配慮した自然なサイクルで農作業をすることで、「有機栽培でもブドウがしっかり成熟し、果実味溢れる風味豊かなワイン」を作ることが彼のこだわりです。

また、魅力的なのが価格です!
「飲みごたえがあって高品質、でも気軽に変える値段じゃなきゃ意味がない」
そう思い、お手頃な価格で質の良いオーガニックワインを造るため、土台となる畑選びに余念がありませんでした。

日当たりが最高、そして土は長年農薬に汚染されていない素晴らしいコンディション。
なんといってもラングドックはブドウ栽培に最高に向いている気候なので、自然な栽培でもブドウがたくさん実るため
ワインの生産量は安定し、比較的多く作れるのが価格の秘密です。

そうしてできた「マ・チニャチュールシリーズ」
オーガニック認証を取っていて、品質はお墨付き、味ももちろんお墨付きです!

● マ・シニャチュール・シャルドネ (スタッフ一押し!)
20-1 MA chardonnay

パッションフルーツやパイナップルの様な南国フルーツの香り。
フルーティーで飲みやすく、辛口だけど果実の濃厚なコクを感じる白ワイン

前菜からサラダ、魚介類やフレッシュチーズ、鶏肉などのサッパリしたお肉やムニエル、クリームソースのパスタなど何でも合う万能ワイン!
ご注文はこちら→シャルドネ
● マ・シニャチュール・カリニャン
20-3 MA carignan

ゆるキャラの様なかわいい名前ですが、実は「カリニャン」というのは主にラングドックで栽培されているローカルなブドウの種類なのです。
チェリーやガリッグ(灌木凜)、木の様な大人で洗練された香りに、果実味を感じるしっかりとした飲み心地。

レバーや焼き鳥の砂肝、合鴨のソテーなど、ちょっと複雑なお味のお料理と抜群の相性!
ご注文はこちらから→カリニャン

● マ・シニャチュール・ピノノワール
20-2 MA pinot noir

「ピノノワール」といえばワイン通じゃなくとも一度は耳にしたことがあると思います。
かの有名な「ロマネコンティ」を生み出すブルゴーニュ地方で昔から使われているブドウです。
イチゴや木苺、落ち葉やドライフラワーなど上品で繊細、複雑な香りと味わいが特徴です。

繊細ゆえに手間がかかるこのブドウをこれだけお手軽な価格で飲めたら最高です!

マグロやカツオなどの魚料理やパテ、生ハム、サーモンやキノコ、クリーミーなチーズなどに良く合います。
ご注文はこちらから→ピノノワール
● マ・シニャチュール・シラー
20-4 MA syrah

注いだ瞬間、どれほど果汁が凝縮しているか!
というほどの深い赤紫が何ともキレイです。
オリーブやブラックペッパー、カシスやブラックチェリー、ガリッグの様なスパイシーで骨太な香り
味わいも力強く、ブドウの旨みが凝縮して飲みごたえ満点の赤ワイン

レア~ミディアムの牛肉ステーキや羊肉、BBQや焼き肉など、赤いお肉と相性抜群の「ザ・肉ワイン」です!
ご注文はこちらから→シラー

ピクニックやBBQなど、外で楽しむのに持ってこいのカジュアルオーガニックワイン、是非お愉しみください♪