「土地」
ドメーヌ・レ・グランド・ヴィーニュはロワール中部のトゥアルセという地域に55haに及ぶ畑を所有しており、デメテールやアグリクルチュール・ビオロジックに認証されているビオロジック、ビオディナミのワインを造っています。

赤ワインではアンジュ、アンジュ・ヴィラージュがあり、ボンヌゾーやコトー・デュ・レイヨンの甘口ビオワイン、白ワインは豊かな蜜の香りが広がるシュナンブランを使った辛口ワインがあります。
また、カベルネ・フランで造るロゼもあり、バラエティー豊富なラインナップも魅力の一つです。

image32
image33

「こだわり」
彼らの作るワインにはさまざまな質の土壌の特徴が反映されています。
17世紀から代々続く家族経営のこのドメーヌは、農薬ではなく害虫用のハーブ類などによって化学物質を使わないことに成功し、化学肥料も不使用、ワインには硫黄は無添加で、ノン・フィルター、卵白やゼラチンを使った清澄作業もせず自然のままの味を生かすことにこだわりを持っています。

image34
image35
◇商品紹介◇