「土地」
ガングランジェの15haの畑はエギスハイム、エーリスハイム、ヴューエンハイムの3つの地域に渡り、2001年よりビオロジック農法でブドウ栽培をしています。
リースリング、ミュスカ、ピノブラン、ピノノワール、シルヴァネール、ピノグリとゲヴュルツトラミネールという、アルザスで古くから栽培されている全品種を取り扱っています。
15haの畑のうち4.36haはアイシュベルグ、プフェルシベルグ、オルヴィラーのグランクリュに認定されています。

image23
image24

「歴史」
ドメーヌは、アルザスワイン発祥の地であるエギスハイムで1610年から始まりました。
長年ビオロジック農法を続けてきたオーナー、マチューの父は、認証を受けることが好きではなかったのですが、彼に代わって申請し、2004年エコセールの認証を受け、公に実績が認められました。

「こだわり」
「何よりも代々受け継がれた歴史と伝統を尊重すること」を大事に今も伝統を守り続けている。

image25
★GInglinger 4
◇商品紹介◇