「歴史、土地」
ドメーヌ・エジはミッテルブルグハイムというアルザスの中心部に位置し、アルザスのワイン街道にあります。
家族経営の小さなワイナリーで、気軽に試飲したい人々を温かく受け入れてくれます。

土壌の異なる27のブドウ畑を所有し、それぞれの土壌に合ったブドウ品種を栽培しているので個性的で特徴のあるワイン造りをしています。

image26
image28

エジ家は18世紀からアルザスに根付く家族で19世紀にはパン屋を営んでいましたが、ブドウ栽培家の娘との結婚によりワイナリーを営み始めました。
現在のオーナー、ダニエル・エジは1985年から先代のワイナリーを引き継ぎ、特にビオロジック農法でのワイン造りを発展させました。

「ドメーヌの現在」
特に2010年以降は高品質のビオワインの登竜門である「ミレジム・ビオ」をはじめ、地元ツォッツェンブルグやコルマールのワインコンテストなどで数々の賞を受賞し、評価の高い生産者です。
素朴でチャーミング、アルザスのテロワールによる優しいミネラル感を残したワインが特徴です。
夏のアルザスの暑さの中、よく冷やしたクレマンを飲むのは格別です。

image27_e
★Haegi 4
◇商品紹介◇